ジルコニア

セラミックを超えた最新セラミック素材でひときわ輝く

一般的なセラミックからひときわ進化を遂げたセラミック素材「ジルコニアセラミック」は、 2005年に国内で初めて厚生労働省の許認可を取得した歯科治療素材です。

主な成分である酸化ジルコニアはスペースシャトルの断熱材やF1カーのブレーキなどに採用されるほど強度の高い素材。 生体親和性(人体への安全性)にも優れており、人工関節にも採用されています。 通常のオールセラミックと共通した「自然な白さ」や「金属アレルギーの心配がない」という特徴に加え、 さらに滑らかに、かつ汚れや細菌がつきにくくなりました。 あなたのお口をより美しく、より健やかに保ってくれること間違いなしです。

これまでのオールセラミックは、その名の通り内部も外部もセラミックのみで作られたものでした。 そのため金属を使ったものに比べて割れやすいという欠点があったのです。 また、強度不足の点から噛む力がかかる奥歯には使えませんでした。

しかしジルコニアセラミックは従来のセラミックを上回る強度を持っています。 前歯はもちろん奥歯でも欠けず、安心して噛むことができます。構造が緻密なので強度や耐久性、 耐腐食性などの性能が長期間安定し、しかも自然な見た目はさらに磨きがかかっているのです。